So-net無料ブログ作成
メンテナンス ブログトップ

ドカの修理 [メンテナンス]

第五十八雑ぜ



10月19日



前回オーバーホールしたクラッチレリーズ。



一時はオイル漏れが止まったのですが、

やっぱりオイルシールが逝ってしまって

いたようで、再びお漏らしが・・・(^_^;)



ドカのクラッチは大変重く、長距離走ると

左の手首が痛くて仕方なかったので、これを

機に社外品を付けることにしました。



お決まりのヤフオクでポチっとな!



そして今日(これを書いている19日)物が届き

ました。



AELLAのクラッチレリーズです(中古品)
KIMG0076[1].JPG



どのくらい軽くなるんだろ~

期待を込めて早速純正品と交換。



純正品を外して~
KIMG0078[1].JPG


AELLAを装着!
KIMG0079[1].JPG



ん~見た目も良くなりました(^O^)/
KIMG0080[1].JPG


オイルを注入し、エア抜きも完了。



ドキドキしながら握ってみると




ん~ 軽い?


っていうのが第一印象。




あまり軽さが実感できず・・・(^_^;)




バイクにまたがった状態で握って

みると



うん!純正より軽い。



ですが期待していたほど軽くは

無かったですね~。

ネットで記事を見てると、物凄く軽く

なるような書き込みがあったので先入観

が強すぎた様です。




自分の印象では軽くなるのは

ほんと若干でした。




でも、これで少しは手首の負担が減るかな~?

走ってみないと解らないですね(笑)





週末晴れたら、紅葉見学を兼ねて早速試乗して

見ようと思います。





以上、ドカの修理でした。












ドカ故障原因判明! [メンテナンス]

第五十四雑ぜ




先日の霧降高原ツーリングで電気系の

故障が発生したドカ。




後日、原因を探るべく電気系を調べて

見ました。




しかし、電気系は全くのトーシローな私・・・




詳しい方からチェック方法をアドバイスして

もらい、わかる範囲でやってみました。





電圧を図ってみると故障個所が絞れる

との事なので、ホームセンターでテスターを

購入。



バッテリー単体の電圧とエンジンを掛けた

時の電圧、そして回転を上げた時の電圧の

状態をチェックする。




取り敢えずバッテリーを充電!




通電させないとテスターでの確認ができません

ので(^_^;)





その間にレギュレーターを確認。


レギュレーターがもしパンクしている様なら、

本体の裏側が溶けたりしている場合がある

らしいので、一度取り外してみようと燃料タンク

を上げてレギュレーターを覗き込んだ時




ん?   




ほんのり焦げ臭い?




何時ものオイル臭さとは別に、微かに焦げ臭い

匂いがしました。




これはパンクかな~ と思いつつレギュレーターと

ジェネレーターを繋ぐ配線のカプラーを外して・・   





は、外し・・・[ちっ(怒った顔)]





外れ[あせあせ(飛び散る汗)]   ない!




がっちり繋がって外れない[たらーっ(汗)]

KIMG0979[1].jpg




よく見るとうっすらと黒い・・・

KIMG0980[1].jpg




原因はこいつか!





どうやら過電流か老朽化かで焦げ

ついてしまっているらしい[ふらふら] 



このままでは外れないので、カプラーを

ニッパ―で破壊!



中を見てみると配線の片方が黒くドロドロ

になってました(;^_^A

KIMG0984[1].jpg




電圧のチェックはまだこれからですが、

これが原因なのは間違いなさそう!





あっさり解決していまいました(笑)




再びホームセンターへ行き、使えそうな

カプラーを購入。



ダメなカプラーを切断[美容院]



配線の皮をめくり新しいカプラーを

接続!



水が浸入しにくいようにビニテをグルグル

巻いて、修理完了(^O^)/

KIMG0988[1].jpg




バッテリーは夕方までじっくりと充電し、

満充電のサインが出た所でバイクに搭載。




念のためプラグもチェック。




後ろ側が真っ黒けっけになってたので

新品に交換。前側は綺麗にきつね色

だったのでそのままで。





さてエンジンを掛ける前の電圧を図ると

12.3~4V前後の数値。





そして肝心の、エンジンは掛かるかな?



キーをONにするとインジケーターランプは

通常の明るさで点灯。



アクセルを2~3回開けてガソリンを濃い目に

して、セルスタート!




キュキュキュっ!




おっ 回った!(^^)!




どどぅ~ん  どっどっどっ!




掛かったぁぁぁぁぁ(喜)







1~2回ストールしましたが、アイドリングも

何時も通りの状態に落ち着いたので電圧を

チェック。




電圧はアイドリング状態で12.4~5V前後

回転を上げると14V前後で落ち着いている

ので良好そう。




ひとまず修理成功した様です(^▽^;)




いや~ カプラーくらいの故障で良かった。




一安心してエンジンを切り、周りを点検して

見るとクラッチレリーズからオイルが垂れてる

のを発見(@_@)




しかしここはチェーンオイルが若干被って

しまう場所・・・

ツーリング前夜にオイルを注したばかり

だったんでどっちかな?





取り敢えずレリーズを外し裏側をチェック。




見てびっくりΣ( ̄□ ̄|||)

レリーズのピストンにダストが付きまくりで

真っ黒けっけっけ。



オイル漏れチェックよりまずは清掃だ!



とゆうことで今度はレリーズの掃除を開始。




クラッチオイルも濁り気味になってたので

丁度いいや(笑)



レバーをにぎにぎしてピストンを押し出し、

そのまま抜いちゃいます。



レリーズはそのままぶら下げておいて古い

オイルを抜いておきます。



ピストンを洗い倒し、仕上げにペーパーで

表面を慣らしてピカピカ[ぴかぴか(新しい)]に。



ピストンにオイルシールを戻し、表面に

シリコングリースを薄く塗ってレリーズに

組着けし清掃完了(`・ω・´)b



新しいオイルを注入し、後はエアを抜けば

OK。


レリーズ上部のエアブリーダー付きバンジョー

ボルトを緩めようとレンチで回すと





ポキッ!





と、ボルトが折れやがりました(^_^;)

KIMG0990[1].jpg




だいぶ劣化してしまってたみたいです。




もー いちいち純正頼んでられないので、

南海部品へレッツゴー。




あれっ[たらーっ(汗)]




シングルのブリーダー付きバンジョ―ボルト

が無い・・・




しょうがないので取り寄せしてもらいました。





それから3日後に部品が入荷。

KIMG0994[1].jpg




無事エア抜きが完了し、ようやく修理が完了

しました。

KIMG0996[1].jpg




次の日曜日に試走を行い、様子見。




心配されたレリーズは特にオイル漏れは

しておらず、チェーンオイルが付いただけ

だった模様。




電気系も異常は無さそうなので、これでまた

暫くは走れそうです(*^-^*)




部品って定期的(走行距離や使用時間など)な

交換が必要なんですね。改めて実感した今回の

修理でした。







以上、原因判明でした。

























   



ストレッチの本 [メンテナンス]

第三十八雑ぜ



一昨年から肩こりに悩まされる年代に

なりました(笑)



年齢四十を過ぎ、これが世間一般で言う

四十肩!?と自分もそうゆう年齢になった

のだなと痛感している日々です。



ただ、腕が上がらなくなるほど酷くは無い

状態。



これ以上の悪化を防ぐ為(又は現状維持?)に

筋トレと、時々接骨院にお世話になっています。



今年から自宅近くにできた接骨院に通い始め、

その初日に先生からアドバイスを頂きました。




「筋トレした後、ストレッチしてますか?

硬くなった筋肉はほぐさないとダメですよ!」




なるほど!

言われるまであまり気にしてませんでした(笑)




それから、自己流でそれらしいストレッチをして

いましたが、自己流ではあまり効果を感じられず・・・(^_^;)



参考になるような本をさがしていた時、新聞で

良さそうな本を発見!


KIMG0722[1].jpg


『世界一伸びるストレッチ』



現在腰回りと腕、お腹のメニューを行って

いますが、自己流のなんちゃってと違い、

全然伸びます!




体のコリに悩む方にはお勧めです!(^^)!















工具入れ [メンテナンス]

第三十七雑ぜ



現在乗っているドカのシート下には、

前オーナーが手作りしたと思われる小物入れ

があります。
KIMG0695[1].jpg



ここに自己チョイスした工具を入れています。



ただ、適当な工具入れが無く、使い古しの

ウエストバックに工具を入れてバイクに

積んでいたのですが・・・(^_^;)



いかんせんカッコ悪いので、れっきとした

工具入れを見つけ、購入しました!(^^)!



アストロプロダクツの車載工具入れです。
KIMG0696[1].jpg


今までは、まとめて一つのポケットに

入っていましたが、工具ごとのポケットが

あるので、何が入っているか分かりやすく

なりました。
KIMG0697[1].jpg


KIMG0698[1].jpg



これでスッキリ収納です[るんるん]
KIMG0694[1].jpg


お値段 600+TAXなり





車検 [メンテナンス]

第八雑ぜ


2014年 4月17日 この日私のもとにやって来た(中古車ですが・・)

トヨタ アイシス(前期型) ガンメタのGエディション
KIMG0264[1].jpg




10年乗ったハイエース(100系)がいろいろ故障しだしたので、1か月の間
中古車雑誌とにらめっこして、何がいいか色々悩みました。

前回はバイクが積めるようにとハイエースを購入。またトランポができる車にするか、否か!
で悩みました。ここ最近トランポとしての使用頻度が年1~2回程度になってしまった為、
割り切って普通のワゴン車にすることに。

ハイエースは3000ccディーゼルの排気量だったので、まず税金が毎年約60,000円、
車検に至っては毎回約200,000円かかっていました。ので、排気量は2000cc以内にして
税金の費用を落とすことにしました。車検は費用がかかるときはかかる物と考えてますが、
比較的新しい型であれば暫くは費用も抑えられるだろうと(ハイエースよりは)思い、
車内が比較的広く、スライドドアでミニバンタイプでいこうと決め、アイシスに白羽の矢が
刺さりました。他社のミニバンと比べて、見た目のデザインが良かった(私個人の感想です)
点、内装もシンプルで気に入ったポイントでした。


と前置きが長くなりましたが、つまり購入して早2年が経ち、2月に初車検を迎えることに
なったのです。

車検満了一か月前の昨日1月20日に車検に出し、本日無事車検から車がもどってまいり
ました。
特に異常はなく、今回は消耗品(オイル・エレメント・ワイパーブレード等)の交換と、
ブレーキOH等のメンテナンスですみました。

車検費用はトータルで130,000円で収まりました。
ハイエースの頃と比べればバンバンザイの金額でした!

とりあえずこれで暫く安心して乗れます。アイシス君またよろしく。

ウオーターベッド [メンテナンス]

第四雑ぜ

今日は仕事帰りにマッサージをしてもらいに近所の接骨院へ。

今行っている接骨院は今年から通い始めた所で、まだ今日で2回目。

中に入ると中高生がいっぱい!部活で体を痛めた子供たちが通ってるんですね~。
しばし順番を待ち、先生に呼ばれて案内されたのが


なんと!


人生初のウオーターベッド!しかもマッサージ機能付き(あたりまえか・・・)
何とも・・・宙に浮いてる様な不思議な時間でした。

とどめは針で締めていただきました。



先生!またお世話になりまーす。


メンテナンス ブログトップ